SQFトレーニング/HACCPトレーニング

Training

各種トレーニング

SQFトレーニングコース(2日間)

SQFシステムの概要
 SQFはISO22000と同様にHACCPとISO9001を一体化させたものであるが、様々な点で相違点があります。

≪ SQFがISO22000より優れている訳 ≫
Point1:
HACCPシステムを適切に運用するために必要な一般衛生管理プログラムに必須項目が明確に示されている。
Point2:
GFSI(国際食品安全協会)から承認された食品マネジメント規格で世界的な信頼性が高い。
Point3:
あらゆる食品カテゴリーを包括しているため食品産業全般に適用できる規格である。
Point4:
要求事項が3つに分類されているため企業ニーズに応じて選択することが出来る。
 
SQFコードの分類
 
※品質コードでは製品に右記マークを使用することが可能となります。

SQFは1994年に西オーストラリア州政府により開発されたもので現在ではアメリカの食品マーケティング協会が所有しています。(2015年5月現)

 
◆SQFトレーニングの内容
この「SQFトレーニング」は、SQF認証取得に義務付けられているSQFプラクティショナー技能教育をはじめとしてSQF規定/審査/認証/マーク使用方法などコンサルティングや審査員としても必要な知識と要件が説明されます。
※合格者には終了書が発行され、不合格者には、受講証明書が発行されます。
※SQFプラクティショナーには、他にコーデックスガイドラインに合致したHACCPコースを受講済みであり、SQF審査員よりその技能を認められる必要があります。(お問い合わせください)

HACCPトレーニングコース(3日間)

◆HACCPシステムの概要
HACCPは、NASAの有人飛行に伴い開発された安全管理の方法で、従来の最終検査方式とは異なり予防的な考えから生まれたものです。
食品の特性に応じて生物危害(食中毒)、化学危害(汚染物質)、物理危害(金属片など)を合理的かつ科学的な根拠を裏付けとして安全性を確保する方法です。
 
◆HACCPトレーニングの内容
この「HACCPトレーニング」は、国際的に認められるコーデックス及びNACMCFのガイドラインに準拠し、国際HACCP同盟の認定を受けた「世界で通用する」HACCPトレーニングコースです。
徹底したロールプレイング研修で、前提条件プログラムからハザード分析、HACCPプランの作成、HACCPシステムの適用及び検証について習得していただきます。

 
 

■2020年スケジュール
  

kai   SQFトレーニング 会場 HACCPトレーニング 会場
1月        
2月        
3月     2日(月) - 4日(水)   福岡
4月        
6月        
7月        
8月        
9月        
10月        
11月        
12月        

※上記の各種トレーニングは、受講者のご要望により追加開催を致します。お問合せ下さい。
※受講申請書は、各トレーニングの希望日程をクリック
 ⇒対象をファイルに保存後PDFファイルを開いて印刷をして下さい。